バストアップ方法

妊娠するとお腹が大きくなる他に、バストにも変化が現れます。
妊娠中にバストが大きくなったという話を聞いたことがある方も多いと思います。

 

なぜ妊娠するとバストが大きくなるの?
妊娠で大きくなったバストを維持する方法は?
妊娠中でもバストアップ対策をしてもいいの?

 

など、これから妊娠するかもしれない女性、現在妊娠中の女性は考えたことがあるかもしれません。
そんな疑問について調べてみましたので、ぜひ参考にしてください。

 

妊娠中にバストが大きくなるのはなぜ?

なぜバストが大きくなるのかと言うと、まず妊娠すると生まれてくる赤ちゃんを育てていくために乳腺が発達し、母乳を作る準備を始めます。

 

妊娠中のバストサイズの変化は妊娠初期の3か月頃から起こり始めます。
始めは何となく張っているなーというような、いわゆる生理前に起こるバストの張りのような感じから始まります。

 

そして徐々に張りや痛みは増していき、バストのサイズもだんだんと大きくなります。
最終的には2カップ大きくなる、という人が多いようです。
もちろん個人差はあり、あまり大きくならない人や反対に3〜4カップも大きくなったという人もいます。

 

この頃のバストは母乳を作るために一生懸命準備をしている状態です。
出産してからも母乳を作り続けるのでバストは大きいままですが、卒乳すると途端に元に戻ってしまいます。

 

中には元よりもサイズダウンしてしまう人もいます。
妊娠中のバストアップに喜んでも、その時期だけのもので長続きはしないということを覚えておきましょう。

 

妊娠中のバストアップケア

妊娠中にバストが大きくなったと喜んでいたのも束の間。
出産し授乳を終えたら、バストが元に戻っていた・・・
元よりも小さくなっていた・・・なんてことになりかねません。

 

授乳を終えたら基本的にはバストのサイズは元に戻ります。
それはほぼ間違いないでしょう。
でも出来るだけ、妊娠中、授乳中のサイズをキープして、元より小さくしたくはないですよね。
元の大きさよりサイズダウンしないために、妊娠中でも出来るバストアップケアをご紹介します。

 

・ブラジャーは出来るだけ普通のものを付ける
妊娠するとバストが張りさらにお腹も出てくるので、今までつけていたブラジャーがきつくなります。
そのためマタニティ用のブラジャーを付ける人が多いですが、マタニティ用のブラジャーはワイヤーも入っていないことが多く、サポート機能が弱めです。
もし体調に問題が無ければ、ワイヤー入りのマタニティ用ブラジャーを付けるか普通のブラジャーをサイズアップしながら付けてみましょう。

 

ただしこの方法はあくまでもバストアップ、バストサイズの維持を最重要視した場合です。
お腹やバストが苦しい、痛いなどの異変を感じたら、ワイヤー無しのマタニティ用ブラジャーに変えてくださいね。

 

マッサージを行う

マッサージは母乳の出を良くするためにも妊娠中から行うように推奨している産院もあります。
母乳を出すことを目的としているマッサージなので、通常のバストアップマッサージよりは効果は少なめです。

 

しかし何もしないよりは少しでもマッサージを行っておく方が、確実にバストへの効果はあります。
妊娠中のバストはとてもデリケートですので、マッサージは優しく行うようにして下さい。

 

ただしバストマッサージは胸が張って痛い時やお腹に張りを感じる時は行わないようにしましょう。
お腹に張りがあるのにマッサージを続けてしまうと、切迫流産や切迫早産の危険が高まります。

 

大胸筋を鍛える

妊娠中でも出来る大胸筋の鍛え方は合掌のポーズです。
その行い方は、まず手を胸の前で合わせ、ひじが下がらないように保ちます。

 

そのまま合わせた手同士を押すように力を入れます。
この時に手ではなく胸に力が入っているように意識して行ってください。

 

そして必ず、お腹に力が入らないように気を付けて行いましょう。
これも胸が張っていたりお腹に異変を感じたりしたらすぐに中止してください。

 

おわりに

妊娠中でもバストアップ対策をすることは可能です。
しかし無理に負担を掛けてしまうと、母乳の出が悪くなってしまったり産後の胸の形が悪くなってしまったりします。
また妊娠中は何よりもお腹の赤ちゃんを第一に考える必要がありますので、少しでも異変を感じたらすぐに中止し、かかりつけの医師に相談してくださいね。

 

胸を大きくする方法と生理の関係とは?