胸を大きくする方法と生理の関係

バストアップ方法

生理中や生理前にバストが「大きくなっている」「張っている」と感じたことがある女性は多いと思います。

 

毎月この現象が嬉しい!と思う人もあれば、張りの痛みがきつくて辛い・・・という方もいらっしゃいます。

 

そもそもこの現象が起こるのはどうしてなのでしょうか。

 

生理とバストが大きくなることの関係性

生理前や生理中にバストの大きさが変化するのには女性ホルモンが関係しています。

 

生理前(排卵日から生理開始まで)には、プロゲステロンという女性ホルモンの一種が分泌されます。

 

このプロゲステロンは女性が妊娠しやすいように身体を作っていきます。

 

 

このように生理前はプロゲステロンの作用によって、身体がむくんだ状態になりバストもその影響を受けて大きくなるのです。

 

この現象はプロゲステロンの分泌量が低下するとおさまります。
だいたい生理開始ごろから低下していき、生理終了と同時くらいになくなってしまうので、バストの大きさも生理終了後にはもとに戻ってしまいます。

 

生理前にバストが大きくなるとはいっても、サイズが変わるほど大きくなる人はほぼいません。中には排卵日から生理中にかけてもバストが大きくならない人もいます。

 

これにはホルモンの分泌が関わっているので個人差はあって当たり前です。生理前にバストが大きくならない、ハリが出ないからといって病気があるわけではないので心配しないでくださいね。

 

生理中のバストアップは行ってもいいの?

生理中の女性の身体はとてもデリケートになっています。
胸が痛くならない程度なら、バストアップマッサージを行うのは問題ありません。

 

気をつけなければいけないのは、サプリメントを摂取している場合です。
生理が始まると女性ホルモンのバランスが乱れてしまいます。
この時にサプリメントを飲んでしまうと、ホルモンバランスが余計に乱れてしまったり女性ホルモンの分泌が異常に多くなってしまったりする可能性があり危険です。

 

多くのサプリメントには「プエラリア」という成分が配合されています。
プエラリアはバストアップに効果がありますが、間違った飲み方をすると身体に負担がかかってしまいます。

 

生理中にプエラリアを含んだサプリメントを飲むと

  • 生理不順
  • 不正出血
  • 頭痛
  • 吐き気

などは症状が出る場合があります。

 

(中には生理中に飲んでも大丈夫なサプリメントもありますが、心配な方は避けた方が良いでしょう。)

 

このような危険性があるので生理中は、サプリメントは飲まずバストアップを行うとしてもマッサージのみにしましょう。
マッサージも体調をみて行うようにしてくださいね。

 

生理前のバストアップが効果的!?

排卵日から生理日にかけてプロゲステロンが分泌されるということは、この時期が一番バストアップを行うのにいい時期でもあります。

 

この時期はいつもよりバストアップに力を入れると効果が出やすいですよ。

 

先ほどご紹介したプエラリアを含んだサプリメントを飲んでもいいですし、女性ホルモンを分泌させる食べ物をたくさん食べてもいいですね。

 

 

おススメのバストアップ法は手軽にできるマッサージです。
いまからご紹介するマッサージをすることで乳腺の発達が期待できます。

 

マッサージ方法

@ バストケアケアクリーム(なければ普通のボディクリームでもOK)を手に取り、バストの下から上へ持ち上げるようにしてマッサージをします。
A 背中のぜい肉もバストの肉にしてしまうようなイメージで寄せ上げます。
B デコルテも、溜まっている老廃物を流すような感覚でマッサージします。
C 鎖骨に沿って外側から内側、内側から外側というのを3往復します。
D 片手を上に伸ばして、5〜10秒ほどキープします。反対側も同じようにしてください。

 

片手をあげて筋肉を伸ばすことで、リンパの流れがよくなります。

 

マッサージはお風呂上りに行うと、血行が良くなっているので効果がありますよ。

 

生理前に行うとバストアップの効果はありますが、張っている時に無理に行うと乳腺や筋肉を傷めてしまうことになりかねません。
痛いと感じたらマッサージは中止してくださいね。

 

おわりに

生理前は女性ホルモンの影響を受けて、バストが張ったり大きくなったりします。

 

しかしこれは一時的なものですので、本当のバストアップを目指すにはマッサージをする、サプリメントを飲む、などを続けて、地道に女性ホルモンに働きかけることが大切になってくるのです。

 

バストアップのいろいろ|サプリ、クリーム、育乳まとめ